医院のホームページを作りたい

歯科医院のホームページを新しく作りたい先生へ

日本のインターネットの普及率が約80%に達し、ホームページからの情報収集が当たり前になった今、集患やブランディングのために歯科医院がホームページを持つことの重要性は高まっています。株式会社フリーセルでは、開業医やこれから開業する医院に向けて、戦略的なホームページ制作、歯科Webコンサルティングサービスをご提供しています。

  • 新規開業医院の事例
  • 開業医の事例

新規開業医院のホームページ制作

新規開業を控えて忙しいなか、ホームページのことまでは十分に考えが回らないかもしれません。しかし、前もってホームページを制作しておくことで、医院のブランディングや求人に役立てられるだけでなく、開業のタイミングから診察券や名刺にアドレスを記載できるなど多くのメリットが得られます。

当社は、2,000超の歯科ホームページ制作実績に裏づけられた歯科界に特化したノウハウがあります。そのノウハウを7部門の歯科専門社内スタッフが共有し、連携を図って、Webによる目的達成を目指します。

歯科専門ヒアリングシート

歯科専門ヒアリングシートを使用して打ち合わせを繰り返しながら、先生自身も把握しきれていなかった医院の強みを明確にしていきます。次に、その医院の強みを患者様に伝わるようにホームページに反映していきます。ライティング、デザイン、導線設計……。そのすべてが合致してはじめて「成功するホームページ」になるのです。

新規開業時の集患成功事例

O歯科様

制作前のニーズ

開業と同時に医院を認知してもらえるようになりたい。まずは地域の方に興味を持ってもらって、来院を促したい。

ニーズを満たすために必要な情報

  • 1.内覧会でホームページを紹介するためのデータ
  • 2.院内がきれいで設備が整っていることをわかりやすくアピールできるコンテンツ
  • 3.できるだけ早めに検索エンジンに露出させるための工夫

当社からのご提案

オフィシャルサイト制作

  • 1.時間がなかったため、内覧会前にトップページのみ完成させて公開
  • 2.きれいな院内や先生の人柄をアピールするために動画を活用
  • 3.リスティング広告に出稿することで早めの露出を図る

結果

開業当日にホームページからの集患が実現した

医院情報の早期露出と、医院の強みや先生の考えを開業前に打ち出すことで、ホームページを見たユーザーに興味を持ってもらうことができた。開業当日にホームページを見た方が2名来院し、その後も新患の獲得につなげることができた。

  • PAGETOP

開業医向けホームページ

十分な集患ができていた、あまり必要性を感じていなかった……。このような理由で開業後もホームページを制作していなかったものの、競合の増加によって患者数が減ってしまったという歯科医院は増えています。不況のため通院そのものを控えようとする患者様も多いなか、効果的な集患や医院のブランディングを図るためには、これまでアピールできていなかった医院の強みを出して他院との差別化を図ることが重要です。

集患成功事例

M歯科医院様

ホームページ制作前の課題

開業から10年経ち、周りに歯科医院が増えるにつれて新規の患者様が減ってしまっていた。
また、小児歯科にも対応しているが、地域の方にほとんど知られていなかった。

医院のUSP理解

  • 1.診療前のインフォームドコンセントを重視している
  • 2.先生の奥様が小児歯科を担当しており、連携を取りやすい
  • 3.子どもでも通いやすい、明るい雰囲気の院内

当社からのご提案

オフィシャルサイト制作

  • 1.医院のコンセプトページを制作し、治療に対する院長の考えや治療事例を掲載する
  • 2.小児歯科の情報を提供し、子どもの治療を考えている親御さんに安心感を与える
  • 3.院内写真をサイト内に掲載し、視覚的に明るいイメージを伝える

結果

ホームページからの集患が実現!

ホームページからの新患を月間10~15人獲得できるようになった。また、小児歯科を受診する患者様が月間3~5人増加した。