ホームページ活用術

目的別・ホームページ活用術

素早く効果的な情報展開で競合に差をつける!

ホームページは目的を持って制作するものであり、目的に応じた成果を出せなければ、意味をなしません。「集患」「ブランディング」「求人」「広告」など目的を明確にし、その内容に合わせて制作することが競合のなかから選ばれるための第一歩となります。

主なホームページ制作目的

集患

ブランディング

求人

広告

集患

インターネットの普及にともなって、患者様はホームページを見比べて歯科医院を選ぶ傾向になってきています。そのため、患者様が医院に対して求めていることや不安を感じることを把握し、事前に必要な情報を開示しておくことが重要です。十分な情報開示によって、患者様は医院に信頼を感じます。実際に通院する前に知りたいことが多いからこそ、いかに事前に情報を与えてあげられるかが大切なのです。

患者様がよく見る情報

アクセス 来院する患者様が「通えるかどうか」を判断しやすいよう、地図や電話番号、最寄り駅などを明記したアクセス情報は必須です。
コンセプト 医院独自の診療コンセプトを開示することで、患者様は医院の考え方を把握でき、安心感につながります。
スタッフ スタッフの写真やメッセージを掲載することで、人柄やどんな考えを持って対応しているのかが伝わります。
院内情報 受付やユニットなどの院内設備を紹介することで、患者様は事前にイメージしやすくなります。また、歯科用CTやセレックといった最新機器の情報を掲載することで、治療に対する信頼感が得られます。
診療科目 医院で対応できる診療科目を、患者様に分かりやすく説明します。オフィシャルサイトとは別に、特定の治療法に特化した専門サイト(サテライトサイト)を制作し、興味を持った患者様をオフィシャルサイトへ誘導することも効果的です。

当社は、10年間で2,000サイト超の歯科ホームページを制作してきた実績があります。そこで収集した医院様や患者様からのご意見、アクセス解析データなどをノウハウとして体系化し、貴院の目的に添った成果をあげるためのホームページ制作に活かしています。

  • PAGETOP

ブランディング

慌ただしい新規開業時は、ホームページ制作に時間を割けないという先生も多いかと思います。しかし、ホームページを制作し、公開することで医院のブランディングを図ることができるというメリットがあるため、当社では早めの制作をおすすめしています。

ホームページから「営業」ができる

先生は動かずとも、ホームページが営業マンとして働いてくれます。新規開業の場合は、開業前から見込み患者様に医院を宣伝できることも大きなメリットです。未来の患者様からのお問い合わせに答えることもできるかもしれません。

印刷物などにアドレスを入れることができる

医院の診察券やチラシなどにホームページのアドレスを記載できます。そこからホームページへ誘導できれば、医院のことをもっと知ってもらう機会が生まれます。新規開業の場合、開業後にホームページを開設すると、情報を入れ直して印刷する手間が発生するため、開業前に制作することは大切です。

検索エンジンで表示される

ホームページを制作することで、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索できるようになり、より多くの人に医院を知ってもらえます。

当社では開業医はもちろん、新規開業医院のホームページ制作も多く行っており、スムーズな開業のためのWebコンサルティングも可能です。さらに当社が運営する歯科界最大級のポータルサイト「歯科タウン」への医院掲載によって、検索エンジンでの検索順位の向上が見込めます。

  • PAGETOP

求人

求人誌や求人広告、求人情報サイトなどは掲載枠が限られているため、欲しい人材に関する情報や医院のアピールポイントなどを掲載しきれないことが多々あります。

ホームページなら、院内設備の詳細や医院コンセプトを掲載できるだけでなく、求人専用ページを用意することで募集要項以外にスタッフからのメッセージなど、その他の媒体では紹介しきれない情報まで十分に開示できます。また、求人誌や求人広告を見ていない方からの問い合わせも受けられるため、間口が広がるのです。

求人専用サテライトサイト制作

先生が求めるスタッフを獲得するために、医院のオフィシャルサイトとは別に求人専用のサテライトサイトを制作するという方法も有効です。

  • PAGETOP

広告

新規開業時に限らず、医院を経営していると多額の広告費がかかります。パンフレットやハガキ、ポスターなど、印刷物を作成するたびにコストがかかるほか、作成する手間もかかるため頭を抱えている先生もいらっしゃるかもしれません。

ホームページがあれば、詳細な情報をいつまでも掲載しておけるほか、最新情報があればすぐに更新できます。また、いちいち印刷会社に依頼してチラシを作成しなくても、ホームページの内容を印刷するだけで立派なチラシになります。

高い費用対効果

ホームページは、掲載量も更新のタイミングも自由なため、十分な情報開示ができます。また、ユーザーのアクセス傾向を収集し、効果分析と改善策を図れることも魅力です。こうした特性から、その他の広告よりも高い費用対効果が期待できます。