ブランディング要素を取り入れて、理想とする集患を実現

埼玉県 医療法人社団 幸誠会たぼ歯科医院

たぼ歯科医院様は、専門性の高い高度な治療を得意とする歯科医院です。多保院長は、日本歯周病学会やアメリカインプラント学会の専門医として第一線で活躍されているスペシャリスト。高い技術とチーム医療による世界水準の歯科治療を提供しています。

コンセプトを共有でき、チームとして一緒にやりたいと思えた

もともと、医院開業に協力してくれる業者さんとは、コンセプトを共有できる“ひとつのチーム”としてタッグを組みたいと思っていました。だから設計業者や内装業者、歯科用ユニットのメーカーまで、開業に携わってくれるすべての業者とは、足並みを揃えて動いていました。

なので、Webの制作会社を選ぶときも、コンセプトを共有できて同じチームとしてやっていけるところがいいと思っていたんです。10社ほどの制作会社に声をかけてコンペを行って、私だけじゃなく開業チームみんなでプレゼンを受けました。各社10分ほどのプレゼンをしてもらったんですが、私が一番見ていたところは「仲間として一緒にやれそうか」「コンセプトを共有できそうか」といったところでしたね。プレゼン内容も重要だけど、やっぱり一番は「人」のところなんです。各社のプレゼンを受けてチーム内でも話し合った結果、「口先だけじゃなく全力で一緒に頑張ってくれそう」と思ったブランディングテクノロジーさんにお願いすることにしました。

理想的な集患を実現のため、ブランディング要素を入れた制作

サイト制作では、実は“ブランディング”という面にもこだわりました。Webサイトは歯科医院の顔みたいなもの。小児向けなら子供が好むように作るだろうし、女性に来て欲しいなら女性が好むようなサイトに仕上げますよね。サイトのイメージひとつで、来てくれる患者さんは変わってきます。うちの特徴は、専門性の高い高度な歯科治療が受けられることだし、そういったニーズのある患者さんにもっと治療を提供したいと思っていました。そのために、サイトのデザインやテキストも戦略的に考えて、ブランディング要素を取り入れました。

あとは、医院のイメージを統一させるためにも、デザイナーから上がってきたサイトのデザイン案を内装業者の方に見てもらったりもしました。担当のライターやデザイナーから上がってきた制作物には、自分やチームの意見をぶつけて何度も調整を重ねましたね。ブランディングテクノロジーさんは私のオーダーに非常に根気強く対応してくれて、多分10回以上打ち合わせを重ねたと思います。ときには22時や23時を超えることもありましたね。制作には時間がかかりましたが、その分納得のいくものに仕上がりました。

専門性の高い治療ニーズが増え、狙い通りの理想的な集患が実現

いまでは、新規で来院される方の3割はWebを見て来てくれた方なんです。Webからの新規患者さんは、事前にサイトを読み込んでから来て下さるので、ある程度の治療内容などは理解してくれています。そのうえ口腔ケアに対する意識が高い方も多いので、治療がとてもスムーズに進みます。あとは、うちの強みでもある専門性の高い治療や高度な治療を希望される方も多いですね。こういった狙い通りの理想的な集患ができているのも、しっかり戦略を練って作ったサイトのおかげだと思っています。

実はブランディングテクノロジーさんには、Webサイトの制作以外にもいろいろとWeb周りのサポートをしてもらっています。ひとつのチームとして、今後もご提案いただきながら末永くお付き合いしていきたいと思っています。

Webサイト構築データ

プロジェクト成果

カテゴリー 新規
目的 認知度の向上
新患の獲得
興味・関心の向上
信頼感・信用性の向上
ブランディング
担当内容 コンサルティング
マーケティング
ディレクション
デザイン
ライティング
コーディング
保守・運用
公開年月日 2015年1月30日

Profile

医療法人社団 幸誠会たぼ歯科医院

https://www.tabo-shika.com/

〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町11-5
ガーデンビル1F
JR浦和駅東口より徒歩1分