歯科タウン倶楽部通信

歯科医院にもパーソナルブランディングを!

多くの先生は、歯科で「ブランディング」と言うと、医院の魅力をアピールして認知度を高めていくことを想像されるのではないでしょうか?

今注目が集まるパーソナルブランディングは、個人のブランディングを指す言葉です。一般企業で言えば、社長や店長、スタッフのブランディング。歯科医院に置き換えると、院長先生や衛生士さんブランディングということになります。

ホームページの院長挨拶やメッセージなどでも院長先生の意見や考え方を伝えることはできましたが、医療従事者としての発信となるため、当たり障りのないお堅いメッセージになりがちでした。

でも、これではパーソナルブランディングにはなかなかつながりません。今患者さんが知りたいのは、医院よりも院長先生のこと。先生が自信のことを発信して個性をだしていかないと、他の医院との違いがわからず、埋もれてしまいます。

これらの目的を達成するために医院の規模や現状、ホームページを中心とした競合医院の動向、今後の経営の展望などを歯科Webコンサルタントが理解したうえで最適なホームページをご提案しています。

歯科医院のパーソナルブランディング方法とは

歯科医院のパーソナルブランディングで一番良い方法は、直接先生自身が語ることです。院長先生のホンネの部分や個人としての意見などを発信し、院長自身の魅力を伝えていくのです。
それなら、以前流行った社長ブログや院長ブログでもいいのでは? と思われるかもしれませんね。 確かに、ブログでパーソナルブランディングに成功された先生もたくさんいらっしゃいますが、今はもっと良い方法があります。
Facebookです。

  • 原則として実名を使用するため信頼性が高く安心感があること
  • コメントを通してやり取りが開示され、人柄がわかること
  • いいね!やシェアを通して友達の友達とつながる機会に恵まれること
  • ブログやTwitter、ホームページなど他のコンテンツを活かせること
  • ホワイトニングなどキャンペーン情報を簡単に案内できること

などなど、パーソナルブランディングに適した媒体特性を持ち、ブログなどよりも簡単に更新ができます。Facebookは面倒とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに手間はかかりません。手軽に先生の個性(キャラクター)を知ってもらえるはずです!パーソナルブランディングが求められているからFacebookという考えもありますが、Facebookが流行っているからパーソナルブランディングが求められているとも言えるかと思います。

先生はFacebookのアカウントをお持ちですか?
現在はまだFacebookでパーソナルブランディングに成功されている先生はそう多くはありません。

じゃあいつやるのか?

今でしょ!

・・・(失礼しました)。
他の先生に先を越される前に、ぜひFacebookでのパーソナルブランディングを考えられてみてはいかがでしょうか?

くわしい内容は、本サイト「歯科Webコンサルティングサービス」からご覧ください。

★「Webと歯科医院」のバックナンバーはこちら

歯科タウン

お問い合わせ

歯科界での成功をサポートします。まずはご連絡ください。

お電話:03-5457-3980

歯科タウン倶楽部通信

協力会社一覧