歯科タウン倶楽部通信

成功医院から学ぶホームページで成果を出す秘訣

差別化ポイントは何ですか?と、先生にお伺いしたときに
「よその医院とやってることは同じですね……」

このような返答をいただくことがあります。

もし、最新の矯正治療、特殊なインプラントなど他院と差別化ができる取り組みをされているのでしたらホームページにそれを載せればいいのですが、歯科医院が扱う診療科目は決まっているので特筆すべきことがない場合も多いと思います。

では、どうすればいいのか?

差別化できる取り組みをされていなくても、医院のオリジナリティを出す方法はあります!

実際に弊社が制作させていただいた集患率や自費率の向上に成功したホームページからいくつかの共通点をピックアップしてご紹介します。ホームページで思うような成果が出ていない先生、これからホームページを作ろうとお考えの先生はぜひ参考にしてください。

写真や動画で「雰囲気」を伝える

見込み患者は、院内の雰囲気や先生やスタッフのお顔、診療室の様子などを知りたがっています。受付や待合室・診療室、院長やドクター・スタッフの写真を載せることで医院の雰囲気を簡単に伝えることができ、来院のハードルを低くすることができます。

「恥ずかしいから顔写真は載せないで」
という先生もいらっしゃいますが、写真を載せないことは患者さんがどんな先生に治療されるんだろう……と不安に感じ、来院のハードルを高くする行為であることを忘れないでください。

また、写真よりも雰囲気や人柄が伝わりやすいのが、動画です。肉声で語られる院長メッセージに共感してもらえれば、診察前に語りかけることができチェアタイムの短縮にもつながります。

理念を掲げて「想い」を伝える

「この歯医者は何を考え、どういうことを大切にしているんだろう?」と、見込み患者は診療予約前に考えています。特に、過去に歯医者選びで失敗したことがある方なら、なおさらです。どんな設備でどんな先生が治療をしてくれるのかも大事ですが、ビジュアルではわからないのが考えや理念といったものです。

  • チェアタイムは一人30分とって丁寧な診療にあたる
  • いつも笑顔を心がけ話しやすい雰囲気をつくる

など、具体的でわかりやすいものがいいでしょう。

医院理念やコンセプトをホームページに載せていない先生は、ぜひこの機会に考えてみることをおすすめします。

最新技術や独自の取り組みがなくても、写真や動画、理念など、ちょっとした内容の掲載で新患が増えたり自費率が上がったりするケースはたくさんあります。当社では、無料でホームページの診断やご相談を承っています。ホームページで思うような成果が出ていない先生、これからホームページを作ろうとお考えの先生はお気軽にご相談ください。

歯科タウン

お問い合わせ

歯科界での成功をサポートします。まずはご連絡ください。

お電話:03-5457-3980

歯科タウン倶楽部通信

協力会社一覧