Webコンサルタント

Webを中心に経営にも踏み込む。包括的なご提案を心がけています。

歯科タウン営業課

長谷川 陵

Ryo Hasegawa

Webコンサルティングで重視しているのはどんなことですか?

集患を大前提に考えています。

Webコンサルティングというと、Webに絞った印象があるかと思いますが、実際はそうではありません。弊社には歯科医院様向けに7000以上のホームページを制作してきた実績がありますが、ホームページだけで集患を増やすのは難しいと考えています。「SEOを上げてWebの集客を増やそう」「リスティング広告を出そう」というやり方ではもう通用しなくなってきているんです。集患を増やすにはWebの枠組みだけでなく、医院経営に一歩踏み込んだご提案が重要になってきたと思います。

長谷川さん イメージ

そこで弊社ではホームページ以外の部分に関しては提携会社に協力を仰いで対応させていただいています。大切なのは、弊社では「できないこと」であっても、先生に必要なことであれば「できる方法」を見つけて包括的にご提案することです。助成金・補助金の申請方法、スタッフのモチベーションのためのアドバイスや、ホワイトニングセミナーの開催・集客支援など、先生一人ひとりに合ったフォローもしていますので、これからお会いする先生にはぜひ本音をぶつけていただきたいと思います。

どういうWebコンサルティングが得意ですか?

特にありません。

先生にあわせてオーダーメイドで戦略を練りご提案するのが私の役目なので、得意分野というものはありません。いろいろな方向性から考えて提案するのが、Webコンサルタントのあるべき姿だと考えています。

長谷川さん イメージ

また、新規開業にあわせたホームページ制作については年間で15~20件くらい担当させていただいています。先生は、開業前はお忙しいのでホームページの準備が遅れてしまいがちです。しかし開業ぎりぎりになってしまうと、Webからの集患が見込めない状態でスタートすることになり、スタートダッシュを切れません。

ホームページに関しては、開業の2、3ヶ月くらい前に作っておくのが理想ですね。ホームページを作れば、その日から検索できると思いがちですが、検索されるまでに一定期間がかかります。早めにホームページを開設していれば開業時から解析データを拾えるので、問題点や改善点も把握しながら、戦略的な運用ができるようになります。

リアルのほうで内覧会やポスティングを行いながら、同時並行でネットで開業のアナウンスや求人募集をかけるというように、リアルとネットの両軸で戦略的に開業するとスタートダッシュが切れます。一概に言えませんが、開業の半年から1年くらい前にホームページを制作できれば、開業前には700くらいのアクセスがつくと思います。

先生にメッセージをお願いします。

長谷川さん イメージ

先程も運用について軽くふれましたが、ホームページにはその後の運用も欠かせません。制作後はアクセス解析結果を用いた改善提案を継続的に行い、都度ベストな状態にメインテナンスしていくことで、検索順位の向上やお問い合わせの増加が実現できます。

私がお付き合いさせていただいた先生のなかには、集患がゼロに近く廃業間近の経営状態から奇跡のV字回復を実現された方もいらっしゃいます。ホームページからの集患だけでなく、提携会社を通じての新規開業サポート、主催歯科セミナーでのスタッフ教育支援など、歯科医院経営にまつわるサービスをトータルにサポートさせていただきたいと思っています。ピンと来た先生、これもご縁です。ぜひ長谷川までご相談ください!

その他のコンサルタントインタビュー
インタビュー>>石井 義彦
「歯科技工所・歯科材料会社向けWebコンサルティングは専売特許です。」
インタビュー>>福 直也
「深掘したヒアリングにより、貴院の強みをWebに反映します。」
インタビュー>>戸川 侑英
「実際にサイトを見る患者さんの視点を意識して、通院する根拠をつくります。」