Webコンサルタント

深掘したヒアリングにより、貴院の強みをWebに反映します。

大阪営業所

福 直也

Naoya Fuku

Webコンサルティングで重視しているのはどんなことですか?

深掘したヒアリングで、医院独自の強みを見つけることです。

よく先生方から「増患したい」「自費の売上を伸ばしたい」といったご要望をいただくのですが、このときに私は「なぜそうしたいのか?」という潜在的な想いに注目します。

福さん イメージ

今やコンビニより歯科医院が多い時代ですから、競合医院との差別化を図ることは簡単ではありません。ただ、そのなかでも人気がある歯科医院は存在します。私がたくさんの医院様を見てきたなかで共通しているのは、独自の強みを持っているということです。これはWebにも言えることで、成果が出ている先生のホームページは必ず医院独自の特色を出せています

そのために私はヒアリングの際には潜在的な想いをくみとれるよう、一歩二歩踏み込んだ質問をさせていただいております。すでに認識さている強みはもちろん、まだ認識されていない独自の強みも一緒に見つけられればそれが医院様のスローガンとなり、競争が激化する歯科界で勝ち残るための武器となるのです。

どういうWebコンサルティングが得意ですか?

中長期的な視点に立ち、医院だけでなく患者様にも
有益なご提案をしています。

福さん イメージ

私は開業1年目の先生から30年以上のベテランドクターまで幅広く担当させていただいていますが、お会いした時点で積極的にWebを活用されている先生はごく少数です。医院の強みや患者さんから選ばれている理由を把握していても、それをうまく発信できず、本当に来てほしい属性の患者さんの来院促進ができていないケースが多いようです。

患者さんのミスマッチを解消するために重要なのは、誰かれかまわず集患を図るのではなく、自分の医院にマッチする患者さんを絞ることです。二兎を追う者は一兎をも得ずというように、ターゲットを絞ることで結果的に患者さんが定着し、そこから口コミが広がり、医院にとっても患者様にとってもメリットにつながります。私は、このように目の前の集患だけでなく、中長期的な視点を常に意識したご提案を心がけております。

先生にメッセージをお願いします。

まずは、私に先生の想いをぶつけてください。

福さん イメージ

日々の診療が忙しく、Webについて考える時間がとれない先生はとても多いのではないでしょうか? Web活用を成功させるためには専門的な知識やテクニックも必要ですが、私個人としてはどれだけ本音をぶつけられる担当がいるかが重要だと考えております。

歯科は非常に奥が深く、私はまだまだ若輩者ですが、少しでも先生方の想いを形にできるよう全身全霊をかけてお手伝いさせていただきます。ぜひ、先生の本音を私にぶつけてください!

その他のコンサルタントインタビュー
インタビュー>>長谷川 陵
「Webを中心に、経営にも踏み込む。包括的なご提案を心がけています。」
インタビュー>>石井 義彦
「歯科技工所・歯科材料会社向けWebコンサルティングは専売特許です。」
インタビュー>>戸川 侑英
「実際にサイトを見る患者さんの視点を意識して、通院する根拠をつくります。」