ライター

先生と患者様、双方のニーズを汲み取った医院の強みを「読ませる」Webライティング

代筆できるのは、「先生の想い」から「専門用語の解説」までのすべて!

ホームページをご自身で制作されている先生もいらっしゃるかと思います。しかし、患者様目線を考慮して専門的な治療法や先生の想いを伝え、同時にYahoo!やGoogleといった検索エンジンでの検索順位を考えたWebライティングには、歯科界とWeb業界の双方に特化した知識と技術が必要です。

近年、検索エンジンはユーザーの使いやすさに重点を置いた進化を遂げています。歯科医院のホームページであれば、患者様が知りたい情報が書かれた、有用なものであることが重要です。そして、患者様が医院に対して抱くイメージは、ホームページの文章品質(正しい文法、読みやすさ、SEOなど)によっても変化します。

当社は、Webの特性を考えた文章制作にこだわります

歯科医院のホームページに求められているのは、患者様が求める情報(深さ・量・鮮度)と掲載する情報とのマッチングです。当社では患者様のニーズとWebの特性を意識しつつ、患者様のニーズを満たす貴院オリジナルの文章を作成し、他院との差別化を図ります。

また、患者様に理解しやすい文章にするために、専門用語ばかり、易しい表現ばかりにならないようバランスを考えています。加えて、文中に使用するキーワードの量や位置を考慮することで、検索エンジンでの上位表示を狙えることも大きな強みです。

信頼の原稿品質と管理体制

当社のライティング専門チームは、ホームページの原稿制作、編集、校正・校閲をすべて担当しています。当社がこれまでに制作に携わったホームページは、歯科界だけでも2,000サイト超(他業種を合わせると5,000サイト超)。そのすべてで、徹底した原稿の品質管理を行っています。

コンテンツ企画からプロット作成、導線設計・文章構成・表記設計、さらには薬事法・景表法・特商法などの広告法規に関わる表現・表記のチェックまで、品質を高めるためのチェックは一切の妥協をしていません。

法律を遵守しつつ先生の想いを反映

Webに関係する法律法規に則った文章を制作できることも、専門のライティングチームを持つ当社の強みです。たとえば「入れ歯を入れると顔のシワが取れて若返る」という表現は、実際には若返るわけではなく誤解を与えてしまうため使用できません(薬事法に抵触)。医院で強みとして謳いたいことでも、文章表現によって薬事法や医師法、健康増進法などに触れることがあるため、注意が必要です。

「正しい文章」だけでは不十分Webにかかわる法律法規を遵守します

専門ライターが細かな表記まで注意をはらってライティングし、二重三重のチェックを通したうえで原稿を仕上げるからこそ、信頼性のある文章が生まれます。患者様の心をつかむ、魅力的で信頼性の高い文章で、先生の想いを「代筆」します。