1300人に聞いた「行きたい歯医者アンケート」

1300人に聞いた「行きたい歯医者アンケート」

  • 歯科業界情報

投稿日:2019/11/01

最終更新日:2019/12/03

1300人に聞いた「行きたい歯医者アンケート」

患者様が歯科医院を選ぶ際、重視する要素にはどのようなものがあるでしょうか。「仕事終わりでも診療している」「駅から近い」「院長が著名」など、患者様によってその基準は様々です。

今や歯科医院の数は68,000軒を超え(厚生労働省 医療施設動態調査 令和元年5月末概数による)見渡せばいたる所に歯科医院がある時代です。エリアを絞って検索しても候補が複数出てくるため、患者様はホームページの情報を見比べ、「どこの歯医者にしようか」とエリア内の歯科医院を比較・検討しています。

そんな「歯科戦国時代」ともいわれる状況で、「他院との差別化」に課題を感じている医院様も多いかと思います。そこで今回は、弊社運営メディアである歯科医院検索・予約サイトの「歯科タウン」で実施したアンケート結果をもとに、
「患者様は何を基準に歯科医院を選んでいるのか」
「患者様に選ばれるために、ホームページで何を訴求していくべきなのか」
の2点についてお話しします。

アンケートの概要

今回紹介するアンケートは、当社運営メディアである「歯科タウン」から歯科医院の予約を行った全国の男女を対象に行ったものです。

「歯科を選ぶ基準調査」 調査概要
調査期間 :2018年12月1日~2019年2月1日
調査方法 :歯科タウンから歯科医院予約をしたユーザーへアンケート
有効回答:1364サンプル
対象地域:全国
調査対象:歯科医院を探している患者

・歯科医院を選ぶ条件は?
・来院のきっかけに使ったものは?
・歯科医院にある設備の優先順位は?

上記の3つの質問に対して、患者様はどのように答えているのでしょうか。
一般の患者様の答えを見ながら、医院選びの基準とホームページの効果的な利用方法を分析してみましょう。

質問1:歯科医院を選ぶ条件は?

歯科医院を選ぶ条件は?1300人アンケート

1位:駅・職場から近い(51%)
2位:土日診療(22%)
3位:治療費(8%)
同率4位:院長経歴(7%)
同率4位:20時以降診療(7%)
6位:医院が綺麗(4%)
7位:女医在籍(1%)

実際の医院様のホームページを解析してみても、医院のアクセスや診療時間を記載したページは閲覧されている傾向が強く、「歯医者に行こう」と思った時に「医院へのアクセス」は重要な情報になることいえます。

医院を選ぶ基準は患者様の主訴にもよって変わってきますが、アンケートで上位に挙がった7つの項目はホームページの目につきやすい場所に掲載するようにしましょう。

質問2:来院のきっかけに使ったものは?

歯科医院へ来院したきっかけに使ったものは?


1位:ホームページ(47%)
2位:口コミ(25%)
3位:情報サイト(22%)
4位:看板・電柱(4%)
5位:SNS(2%)

1番多かった答えは「ホームページ(47%)」となりました。ホームページに続くのは「口コミ(25%)」と「情報サイト(22%)」で、かつて集患の主要ツールだった「看板・電柱」は4%に留まる結果となっています。わずかながら「SNS(2%)」と答えた人もいます。インターネットを経由する「ホームページ」「情報サイト」「SNS」の値を合計すると全体の70%以上になることからも、Webの重要性が見て取れます。

スマホやタブレット端末で情報を得ることが多くなった現在、ホームページはその医院様の顔となる広告媒体であり、患者様にとっては医院選びの重要な判断材料になります。それを念頭に置いたうえで、「患者様に選んでもらうために訴求すべきことは何か」を考えることがホームページ運用では特に重要です。

質問3:歯科医院にある設備の優先順位は?

歯科医院にある設備の優先順位は?


1位:駐車場完備(33%)
同率2位:個室完備(16%)
同率2位:滅菌器(16%)
同率2位:キッズスペース(16%)
5位:CT完備(9%)
6位:カウンセリングルーム(8%)
7位:バリアフリー(2%)

1番多く選ばれた設備は「駐車場完備(33%)」でした。質問1との結果ともリンクしますが、通院に車を利用するため、駐車場の有無が気になるという患者様が多いようです。また、院内の設備では「個室完備(16%)」「キッズスペース(16%)」「カウンセリングルーム(8%)」「バリアフリー(2%)」の順で重視されており、プライバシーへの配慮や患者様が過ごしやすい環境であることも、感謝様にとっては優先度の高い要素であることがわかりました。

「滅菌器(16%)」や「CT完備(9%)」は治療に直接関わる設備ですが、患者様の中には「滅菌対策」を気にする方が多く、ホームページに機材の紹介がないだけで選ばれない場合もあります。当たり前に行っていることが、患者さんにとっては医院選びの決め手になることもあるということです。

選ばれる歯科医院になるためには?

アンケート結果をまとめると、患者様に選ばれるのは「通いやすい場所」にあり、「ホームページに」「駐車場など設備についての情報がしっかりと記載されている」医院であることがわかります。

この結論を見て、「そんなの当たり前のこと」「すでにやっている」と思われた医院様も多いかもしれません。しかし「情報をただ載せているだけ」や「最新情報に更新されていない」など対策が不十分なホームページが多いのも現実です。

冒頭でもお話したように歯科医院の数は非常に増えており差別化も難しくなっています。ホームページにはアクセスや診療時間、スタッフ紹介だけでなく、導入している設備や医院が大切にする価値観といった「医院の特色」がわかる情報を載せましょう。今回のアンケート結果から、改めてホームページの内容を見直してみてはいかがでしょうか。

▼プレスリリース
患者が歯医者を選ぶ基準とは?歯科タウン独自調査結果を大公開!
https://www.value-press.com/pressrelease/223242

大室英寛の画像

書いた人

大室 英寛 (webコンサルタント)

かゆいところまで手が届く、歯科医院様にかわいがられるweb担当。
機械に強いイマドキ男子。

PAGETOPページトップへ