歯科タウン倶楽部通信

経営成功のヒントは一般企業から学ぶべし!

「開業なんてしないほうがいい。勤務医のほうがラクだし儲かるぞ……」

A先輩は私にこう言いました。
開業医を目指して日々奮闘している勤務医の私にとって、この発言はとてもショックでした。
お酒の席だったのでその場は話半分に聞いていましたが、飲み屋を出て酒が抜けてもしばらく頭から抜けませんでした。

それからわずか半年後、A先輩から「廃業した」という連絡が。
すごく衝撃的でしたが、それよりもなぜ廃業してしまったのか、その理由がとても気になりました。A先輩は学生時代はとても優秀で、落ちこぼれの僕としては常に憧れの存在だったのに……。

当時、積極的に歯科医師向けのセミナーに足を運んでおりそのときに隣にいた受講生と意気投合し、そのA先輩の話をしたところ……

「あなたの先輩を悪く言うつもりはありませんけど、経営力が足りなかったのかもしれませんね。今回受けたセミナーでもありきたりな歯科経営論しか教えてもらえなかったでしょ?
経営について深く学ぶ機会自体が少ないのも問題なんですよね」

「同感です。確かに経営について学ぶ機会って少ないですよね。先生は何かこういったセミナー以外で経営について勉強されていらっしゃいますか?」

「ええ、勉強していますよ。きっとドクターのほとんどは成功したドクターのセミナーを受講していると思うんですが、私の場合はそれ以外に一般企業の経営セミナーに参加しています。
成功したドクターって、他のドクターも自分のやり方をそのままやれば成功できると思っている人が多いけど、実際はそんな簡単じゃない」

「なるほど……」

イメージ

コレだ!と思いました。
一般企業の経営セミナーを受けたことがなかったので早速受講してみることにしました。
すると、キャッシュフロー計画や会社の成長サイクルなどこれまでに聞くことがなかったことを学ぶことができました。特にお金の部分は漠然とした不安を抱えていたので、私にとっては目からウロコの情報でした。

こういうセミナーを受けて経営者としての基本を身につければ、
自分でも開業して成功できるはずだと思いました。

そして、現在は経営セミナーの内容を実践できており、スタッフにも恵まれ、先日開業5周年を迎えました。A先輩が廃業する前に、勤務医のほうがいいと言ってましたが、しっかり経営を学べば開業してもやっていけるんですね。

また、同時に歯科知識・技術だけではやっていけないとも感じました。これから開業する勤務の先生や経営でお悩みの先生には、ぜひ一般企業の経営セミナーを受けることをおすすめしますよ。

(インタビューアー:石井)