歯科タウン倶楽部通信

効果が出ない広告をやめる勇気

「いろいろ手を出し過ぎたかな……」

今思えば、業者に勧められるがままに広告にお金をつぎこんできた。しかし、まったく成果が出ない……。開業半年でレセプト100枚。さんざんな集患状態がよくわかる数字だと思う……。

ありがたいことに患者さんのリピート率が高く、それでなんとか持っている状態だが、このままではまずい。

なんとかこの状況を打破するべく、開業時にいろいろと相談にのってもらった先輩を訪ねることにした。

先輩「そんなにいろいろ広告出しているのか……。効果があるものだけに絞ったほうがいいぞ。ちなみに、広告を見た患者さんはどれくらい来るんだ?」

Mドクター「月に1人来ればいいほうです……」

先輩「それはひどい状況だな……。俺の場合は複数のポータルサイトを一つに絞ってホームページをリニューアルをしたら集患が改善したけどな」

Mドクター「私もホームページ作ったんですけど、まったく集患につながっていなくて……。先輩はどんなリニューアルをされたんですか?」

先輩「うちの場合は医院の場所がわかりづらいから、駅からのアクセス方法を説明する動画を入れたり、口腔外科出身の強みを伝えるコンテンツを作ったりしたよ。そしたらホームページ見て来てくれる患者さんが増えたし、欲しかった口腔外科の患者さんも来るようになったんだよ」

Mドクター「願ったりかなったりの状況じゃないですか……!」

先輩「最近、スマホサイトを作ったら、こっちも調子いい。今はスマホで歯科医院を探す人が増えているらしいからな」

Mドクター「そういうトレンドを知っていると知らないとでは大きな差が生まれますね……」

イメージ

さっそく、私は先輩からWebの業者を紹介してもらい、ホームページをリニューアルしてみました。

すぐに成果はでませんでしたが、じわじわと集患できるようになり、2年経った今ではホームページから月5名くらい新患をとれています。

現在では 半年で100枚だったらレセプトが月200枚になり、10倍以上にまで跳ね上がりました。

もともとリピート率は高かったこともあり、ますますリピートや紹介が増えています。

一回、来てくれれば次につなげる自信がある先生は、ホームページを見直されるといいかもしれません。

(インタビューアー:石井)

歯科タウン倶楽部通信の登録へ毎月、歯科タウンを運営する株式会社フリーセルが歯科界の耳より情報を無料で配信いたします。